Happyのミュージックビデオがおもしろいです

ファレル・ウィリアムスのHappyが世界中で売れていますが、ミュージックビデオの秀逸さも話題になっています。
一般的なミュージックビデオは、ミュージシャンや俳優が出演して演技したり、クリエイターが気合を入れてつくった動画であることがほとんどですが、ファレル・ウィリアムスのHappyは実際にはどうなのかわかりませんが、出演者は素人の人がしかもアドリブで踊っているだけ、というものです。
Happyのミュージックビデオはいろんなバージョンがありますが、その全てに共通するのは、最初は必ずファレル・ウィリアムスが出てきて、カメラが後ろに進みながら出演者はカメラを歩いたり走ったりしながら追いかけつつ踊るというもので、ファレル・ウィリアムスの番が終わった後から素人っぽい人が同じように歩きつつ踊る、となっています。
この素人の人達のアドリブっぽい踊りが見ていてすごくおもしろいんです。みんな自分なりに思い思いに楽しそうにダンスしていて、中にはダンスのプロっぽい人も混ざっていますが、大多数はダンスを習っていないような人が体を動かしているだけの、その素人っぽさがなんともいえない良さになっています。 恥ずかしがらずに思い思いに表現すればいいんだよと、この動画は言ってるのだと思います。

QLOOKアクセス解析